Tシャツがなじむ人になるコツの一つ

よく食品などにそのメーカーのTシャツが付属していることがあります。

付いているものですので、もとはそのTシャツが目的だったわけでもないのですが、わりとけっこう良いものでそれ以降の生活に欠かせないものとなることもあるでしょう。

それとは反対にTシャツを手に入れたくて商品を手に入れることもあるかもしれません。

純粋におしゃれなTシャツを着する人もいますが、友達をびっくりさせるのが目的で着ている人たちもいます。

近頃ではたくさんのネタTシャツが販売され、個人で作るのも可能なようです。考案者には発想の柔軟さが必要そうですね。

着衣の中で、Tシャツと聞くとごくあまり手の込んでない作りのものを考える人も多いと思いますが、案外タイプも豊かにあるようです。

襟部に関しても無数のタイプが販売されています。首まわりを美しく見せる形、UV対策、寒さ対策にもお役立ちのタートルネックなど選ぶ面白さがあります。

ちょっと前にテレビで映されていたのですが、よく知られたお笑い芸人が、Tシャツにズボン吊りがくっついたものを着ていたのを覚えています。

斬新なシャツで、ズボン吊りという小さなワンポイントだけでぐっとおしゃれに見えました。

近年では、そんな形のTシャツをはじめとして型にはまった考え方に制限されていないデザインが多く売り出されているようです。

学生時代、体を動かすクラブにはTシャツが欠かせませんでした。すぐに汗でぐちゃぐちゃになる練習の時、大抵Tシャツを着していたものです。

速乾性を持っていて、伸縮性があり動きやすいTシャツは最高のトレーニングウェアといえます。

洗濯機ですぐに洗えることもスポーツウェアとしての必須条件でしょう。

オシャレ君の素敵なTシャツ

もともと単純だからこそデザインのしがいがあるTシャツ。

スタンダードなTシャツもアレンジしやすいけれど、夏場以外にジャケットとかの中に身につけるのに、7分袖のものもすごく着やすいと思います。

デザインもいっぱいありますし値段的にも手頃なので、色々なカラーを手に入れてオリジナルアレンジをしてみましょう。昨今ではとってもありふれたアイテムと言えるTシャツ。

しかしながら、その元来の始まりとはどんなものだったのでしょうか?もとはと言えばTシャツは米国海軍の兵隊が、船内で下着として使っていたことが起源だ、と言われてきました。

本来は海軍兵の作業着のようだったのでしょう。ガンガン着られる普段着、なんて印象が強いかもしれないTシャツ。

ですが意外や意外予想とは違って、きちんとしたシーンでも着用できる服なのです。例として、上質な素材のロングTシャツを上品なセーターの下に合わせれば、多くの方が振り返るものを取り入れたカッコいいアレンジ完成です。

オシャレマニアの人々は、ただのTシャツでもうまく工夫してすごくすてきに着こなしているのではありませんか。

街中でそのオシャレ君の素敵なTシャツ使いを目にする度に、アレンジアイテムとしてのものの楽しさと無限の可能性を感じることがあります。

従業員が着ているオリジナルTシャツに注目してみる

オリジナルTシャツとラーメン屋の組み合わせはピッタリだと思います。

といっても、お客様ではなく従業員にとって似合っているのです。

というのもラーメン屋の従業員にはオリジナルTシャツを着ていることが多いのです。

そこにはいろんなメリットがあるようです。

たとえば、一目で従業員だとわかるようにするためです。

オリジナルTシャツにラーメン屋のロゴや文字が書かれていたら、誰が見ても従業員だとわかります。

誰が従業員かわからないとお客様は誰に注文していいか戸惑ってしまいます。

そのため、すぐに従業員がわかるような目印みたいなものが必要なのです。

他にも、従業員同士で一体感を持たせることにもオリジナルTシャツのものは役立っているようです。

ラーメン屋というのは活気のあるお店が多いのです。

威勢の良い挨拶とテキパキとした仕事、それを可能としているのが従業員同士の連携だと思います。

その従業員同士の連携を深める一つに同じ服を着ることにあると思います。

いわば野球やサッカーなどのスポーツチームのユニフォームに近いものだと思います。

このようにラーメン屋ではいろんな理由からオリジナルTシャツを着ることが多いようです。

今度ラーメンを食べに行ったとき、従業員が着ているものに注目してみるのも面白いかもしれません。

オリジナルTシャツには、元気で活発なイメージと清潔感がある

オリジナルTシャツとラーメン屋と言えば、昔のラーメン屋さんのイメージは白衣を着ているイメージでしたが、最近はお揃いのこれをユニフォームにしているところを多く目にします。

ラーメン雑誌やテレビなどで紹介されて有名になった経営者が若いラーメン店はオリジナルTシャツをユニフォームにしていることが多いです。

店名がロゴのようになっていて前面が裏面にプリントされていて、調理している最中も店名を目にする機会が多いです。

油汚れや汁が飛んだのが目立たないようにか、黒や赤など濃い色のオリジナルTシャツを着ているラーメン屋さんが多いです。

Tシャツは動きやすいだけではなく、洗濯もしやすく通気性や速乾性にも優れているのでラーメン屋さんのように汗をかきやすく油が飛びやすい厨房に居る職業の方がユニフォームとして使うのに向いていると思います。

元気で活発なイメージがありますし、清潔感もあります。

白衣を購入するよりもオリジナルTシャツをここ(http://www.fmdstudio.net/user_data/flow.php)で作った方がコスト的にも安くおさえられると思いますし、一体感が生まれて良いのではないでしょうか。

また店名を入れてお客さんの印象に残ることでリピーターが生まれる宣伝効果になっているような気がします。

女性目線や子ども目線を意識したオリジナルTシャツがいい

オリジナルTシャツとラーメン屋は、最近よくあるな、と思います。

最近のラーメン屋さんはみんな、同じ衣服を着ている印象があるからです。

チェーン店ではなくても、最近新しくできるラーメン屋のほとんどが、オリジナルTシャツを着ているのです。

特に、黒い色で店名などのロゴが入っているデザインを着ている人が多いです。

店員さんたちがお揃いで着ているのですが、これがお店のユニフォームとなっているようです。

昔風のラーメン屋だったら、店員は前掛けをしているだけで、特にどんな衣服を着てもいいという雰囲気がありました。 

一般的に汚れても良くて動きやすい衣服ということで、Tシャツを着ていましたが、みんながお揃いということはありませんでした。

雰囲気的にはみんなでお揃いのオリジナルTシャツを着ていると、お店をより象徴できて頼もしく感じられるものです。

でも、個人的には別に黒い色に統一する必要はないように思いました。

なぜ、多くのラーメン屋が黒い色を用いるのか、その目的は分かりませんが、女性目線や子ども目線によると、コワモテに見えてしまうのでとっつきにくく感じられます。

女性や子ども受けを考えるのなら、また違ったデザインのオリジナルTシャツもいいかもしれないな、と思いました。

ぜひ、そんなラーメン屋を見てみたいです。